アレグラの薬

アレグラを知って花粉症を軽減させましょう!毎年毎年季節の変わり目などでティッシュを片手に生活していませんか?花粉症で苦しんでいるのを今年で卒業できるかも知れませんよ!アレグラで治療して季節の変わり目を楽しむ余裕を持ちましょう!

アレグラが花粉症以外にも使える?

アレグラは花粉症の症状を改善する薬として広く知られています。アレグラの有効成分はフェキソフェナジンというものです。フェキソフェナジンは抗ヒスタミン剤に分類される抗アレルギー薬です。花粉症では花粉の体内への侵入によって、肥満細胞が活性化し、肥満細胞からヒスタミンなどのケミカルメディエーターが遊離され、体内のヒスタミン受容体に作用することで症状が起こります。抗ヒスタミン剤はヒスタミン受容体をブロックすることによってヒスタミンが作用しないようにして、花粉症の症状を改善します。抗ヒスタミン剤は昔から多くの種類の薬剤が開発され治療に応用されてきましたが、眠気が出ることが欠点でした。これは脳内のヒスタミン受容体をブロックすることによって眠気が起こってしまうためです。しかしアレグラの有効成分フェキソフェナジンは脳内のヒスタミン受容体には作用しないため、眠気の副作用が起こりにくいと言われています。こういったメリットから日本で最も広く使用される抗アレルギー薬になったのです。またアレグラは花粉症以外のアレルギー疾患にも応用できます。例えばアトピー性皮膚炎の場合には、皮膚の組織内でヒスタミンがヒスタミン受容体に結合することで痒みを引き起こすため、アレグラを使用するとこの痒みを軽減することができます。じんましんにも同様にヒスタミンが関与しているため、食物アレルギーにも応用ができます。またアトピー咳嗽などアレルギー性の咳にも有効となる場合があります。このようにさまざまな用途にアレグラは応用することができるのです。前述の通り眠気が起こりにくいため、誰でも安心して使用できる薬剤となっていますので、ぜひアレルギー性疾患にはアレグラを使用してみましょう。